制御盤は定期的な検査、メンテナンスが必要です。
弊社ではメンテナンス作業も承っておりますので、
設置後何かあればすぐにご連絡下さい。
弊社スタッフが早急にお伺い致します。
一通り試運転調整が終わりますと、
お客様の立ち会いのもと、
動作確認・操作確認を行って頂きます。
問題が無ければお引き渡しとなります。
電気工事が終了致しますと、配線チェックを
行います。
配線チェック完了後、試運転調整となり 
プログラムを走らせます。
ここでは長年の経験が生かされます。
制御盤を現地に設置し
各機器との配線を行います。
圧鋼・薄鋼・ラック工事などなんでもこなします。
目視検査・導通チェック・通電チェック等を
行います。
付属部品・取り扱い説明書等も
小箱にまとめます。
完成した電気図面をを元に制作していきます。
制御盤: ただ繋ぐだけではなく、
見栄え・ゴミ・キズ等に注意し、
回路を理解しながら制作していきます。
ソフト設計: お客様のニーズに答える
ソフト開発を進めています。
完成した電気図面のご承認を、
お客様に頂きます。
その際、弊社担当スタッフが説明を致します。
ここでご承認を頂けないと
制作には掛かれない重要なポイントです。
電気図面の設計を行います。
ここで、制御盤のレイアウト、
入出力機器の選定などを行います。
長年の経験とセンスが大事です。
お見積もり内容にご了承頂けましたら
ご契約成立となります。
その際、注文書等を頂く場合があります。
打ち合わせした内容で
弊社見積もりソフトにより算出致します。
出来るだけ分かり易く表記しておりますが
不明な点が御座いましたらお申し付け下さい
詳しい内容をお聞きする為に、
貴社にお伺い致します。
どの様な機能が欲しいか、仕様など
こと細かく打ち合わせ致します。
機内配線工事、試運転調整がからむ場合
などは、現場を下見させて頂きます
まずは弊社までお問い合わせ下さい。
電話・FAX・e-mailにて、受け付けております。
お気軽にお申し付け下さい。